「野菜をとる」を共通のテーマに、プロジェクト始動!

 日経新聞に日本ベジタリアン協会が推進している 「週1ベジ・プロジェクト」 関連の記事が掲載されましたので、ご報告します。

≪掲載≫
・日経新聞 (2007年3月16日)
・日経MJ新聞 (2007年3月14日)


  「らあめん花月」 を事業とするグロービートジャパン(東京・杉並)など食品関連企業4社が、NPO法人「日本ベジタリアン協会」 (代表 垣本 充:大阪女学院大学教授) の企画・支援を受けて、野菜をたっぷり使った健康志向の食品の販売を始めると、新聞発表されました。

 当協会の協賛企業の一社であるグロービートジャパンや、スナック菓子メーカのジャパンフリトレー (茨城県古河市)、製麺の十勝新津製麺 (北海道中川郡池田町)、野菜ケーキの専門店 「パティスリー・ポタジエ」 を経営するイヌイ (栃木県宇都宮市) の4社がプロジェクトを組んで参加しています。「野菜をとる」 を共通の課題に、これら4社が健康志向の新製品を売り出すことになりました。

 その第一弾目が、グロービートジャパンの新商品 「新野菜主義ラーメン菜菜2」です。今までのラーメンなら、具やスープのダシになくてはならないはずだった肉や魚類を一切使用していないのが大きなポイント。このラーメンの味をスナック菓子に再現したり、同じようなカップラーメンも5月中に発売する予定だそうです。また、4月中旬には 「ポタジエ」 が同じテーマで、オニオンクッキーを売り出すとのこと。

 世のベジタリアンにとって、うれしいニュースですね。


詳しくは − 日経新聞 (2007年3月16日)
         日経MJ新聞 (2007年3月14日) をご覧ください −