『 朝日新聞 2008/01/15 夕刊』

『 野菜でリフレッシュ 』


NPO法人日本ベジタリアン協会がはじめて認定証を発行した菜食レストランの「中一素食店(東京国立)」が朝日新聞で「野菜でリフレッシュ」という記事のなかで紹介されました。この菜食レストランは、日本ベジタリアン協会主催で昨年9月に45名も集まって美味しい料理に舌鼓を打った中華料理店です。

この記事では、通常の中華料理よりカロリーが低く、味や風味はほとんど変わらないと、力説されていました。この記事の紹介者である当協会の加藤裕子理事いわく、「植物性脂質に多く含まれるリノール酸などはコレステロールを下げる働きがあり、生活習慣病の予防にも菜食はお勧め」とのこと。健康的でかつ美味しい菜食料理のお店が日本全国にたくさんできると、ベジタリアンの増加にいっそう拍車がかかるだろうと思います。同記事には、東京都内の菜食料理の12店の紹介もされていました。

なお、中一素食店は当協会の協賛企業として、社長の李健福さんは当協会の評議員として長年ご協力をいただいております。

文責 塩見潤一郎

写真は中一素食店の懇親会で出された料理の一部です。